Kameda Yu

地盤調査のフロントを担う
文系出身営業マン

亀田 悠
2014年入社 | 新卒入社 | 東京支店/営業部/営業二課
東京ソイルリサーチ社員インタビュー

東京ソイルリサーチに入社を決めた理由は?

私は経済学部の出身です。特に建築に興味があったわけではないのですが、経済に直接かかわる業種ではない、経済に関する知識を必要としている別の業種に就職したいという気持ちがありました。知人の建築関係者に相談したところ、「こんな仕事があるよ」と紹介していただいたのが東京ソイルリサーチでした。会社説明会やインターンシップに参加させていただき、チャレンジしてみたい気持ちになって、入社を決めました。

東京ソイルリサーチ社員インタビュー

関わった業務の中で一番印象に残っていることは?

オリンピック関係の仕事です。弊社は東京オリンピック2020において、選手村やいくつかの競技場を作る仕事に携わっているのですが、私は競技施設の調査業務を担当させていただきました。どんな施設が立つんだろう、どれくらいの大きさの建物がこれからできるんだろうと、わくわくしましたね。
営業の仕事はどこにも名前が載ったりしない、いわば影の仕事です。しかし建物を建てる時、一番始めに行う作業が地盤調査で、そのフロントに立つのが私たち営業です。競技施設に限らず、関わった建物が建っているのは自分の働きがあったからだと思うと、誇らしい気分になります。

東京ソイルリサーチ社員インタビュー

普段の業務内容を教えてください

私は営業部で、ゼネコン様や設計会社様への見積もり作成を主な業務にしています。他には打ち合わせの資料や、お客様からの要望の資料の作成などをしています。営業といっても、いわゆる飛び込み営業のような雰囲気ではなく、既存のお客様から「こんな建物を作りたいんだけど」とお話をいただく場合が多いです。
入社当初は技術どころかゼネコン様の名前すら知らず、苦労しました。最初の3年間は勉強することばかりで、4年目ごろからようやく学んだことを活かせるようになってきました。お客様訪問の合間に、周辺の美味しい飲食店を開拓するのが日々の楽しみです。

ある日のタイムスケジュール
業務イメージ
9:00 出社
出社し、その日の打ち合わせのための資料作成を行います。
12:00 ランチ
ランチはお客様のオフィス近くにある飲食店で食べることが多いです。美味しいお店を探すのが楽しみです。
13:00 打ち合わせ
お客様のオフィスを訪問し、打ち合わせを行います。オンライン会議を行うこともありますが、私の場合はお客様のオフィスにうかがうことが多いです。
15:00 書類作成
帰社し、その日の打ち合わせの内容から計画書や見積書の作成を行います。
17:30 退社
仕事を終えて退社します。基本的にお客様のペースで仕事をするため、急な仕事の依頼が入ると残業になることもありますが、業務にメリハリをつけています。
東京ソイルリサーチ社員インタビュー

就職活動中の学生へメッセージをお願いします!

社会人になってから、もっと英語を勉強しておけばよかったと痛感しています。外資系企業や在日米軍の仕事では英語で見積書を作る場合もありますので。ただ、在学中は学生生活を思いっきり楽しんでほしいとも思います。
仕事は条件で選ぶのではなく、本当に自分がやりたい仕事を探して就職するのがいいと思います。その方が長続きしますし、楽しめます。例えば経済学部だからと大手金融系企業ばかり探すのではなく、まったく別のジャンルでも経済に関する知識を必要とする企業はあるので、ぜひ視野を広く持って探してみてください。