Anma Masashi

近い将来、現場代理人として
調査の安全・工程・品質を管理する

安間 匡志
2020年入社 | 新卒入社 | 東京支店/技術調査部/技術調査二課
東京ソイルリサーチ社員インタビュー

東京ソイルリサーチに入社を決めた理由は?

私の父が大工をしておりましたので、幼い頃から建築や土木に関わる仕事に憧れていました。父と同じ工業高校を卒業し、都市建設工学科に進学、入った地盤系の研究室で教授に「こんな会社があるよ」と紹介していただいたのが東京ソイルリサーチでした。
会社説明会の日が、偶然にも東京ソイルリサーチとオリックスが資本・業務提携した日だったそうで、社長が熱を込めて紹介されていたのが印象に残りました。大手のオリックスと資本・業務提携するような会社なら、きっといい会社なのだろうと思い、入社を決めました。

東京ソイルリサーチ社員インタビュー

関わった業務の中で一番印象に残っていることは?

いま私が従事している空港関係の仕事です。国が関わっている規模の大きい仕事ですので、とても貴重な経験だと思っています。
仕事は2人1組で行うことが多いのですが、いま一緒に仕事させていただいている先輩を私はすごく尊敬しています。空港は他の現場と異なり細かいルールがあるのですが、いつも勉強させていただいています。時に厳しく、時に優しく、一から丁寧に教えていただいてしますし、そんな尊敬できる先輩と一緒に働ける今の環境がありがたいです。私も早く、先輩のようにしっかりと知識を身につけた一人前の技術者になりたいと思っています。

業務イメージ

普段の業務内容を教えてください

空港、駅、橋梁など、主に官公庁の仕事でボーリング調査や耐震調査の現場代理人をしています。ボーリング調査の現場へ実際に行って、安全・工程・品質を管理する仕事です。作業自体は協力会社様が行ってくださるので、私は調査状況の写真撮影や、官公庁のお客様が作業に立ち会われるときの対応、作業終了後の進捗報告などを行っています。
私は入社2年目で、まだまだ見習いですので、先輩方や現場の作業員の方々に教えていただきながら仕事をしています。

ある日のタイムスケジュール
東京ソイルリサーチ社員インタビュー
7:00 出社
車で現場事務所に出社します。天候・風速を確認し、KY活動表(危険予知活動表)を作成します。当日の作業内容を確認し、機材を車に積み込みます。
8:00 朝礼
協力会社様と朝礼を行います。KY活動表をもとに作業内容・安全注意事項を確認し、作業に入ります。調査状況の写真撮影や、顧客対応をします。
12:00 昼食
昼食をとります。自席でお弁当を食べることが多いです。
13:00 現場作業
午前と同様に現場作業を行います。夏場は熱中症に注意しながら、休憩の声かけをしたり、協力会社の方にとって働きやすい環境になるよう気を配っています。
16:30 資料整理
現現場作業を終え、解散します。現場事務所に戻って写真やデータを整理し、進捗状況と翌日以降の作業内容をまとめてクライアント様に報告します。
18:30 退社
作業を終え、車で退社します。
東京ソイルリサーチ社員インタビュー

就職活動中の学生へメッセージをお願いします!

東京ソイルリサーチには優しくて頼りになる先輩方もいますし、生活面も含めて環境をきちんと整えてくれる会社です。社会人としても、技術者としても成長できる環境と思います。
私は大学生のとき、給料をたくさんもらえる仕事よりも、自分の力を試せる仕事を選びたいと思っていました。技術者として成長できる環境を求めている方にとって、東京ソイルリサーチはぴったりの会社だと思います。もちろん待遇にも満足しています。ぜひ一緒に働きましょう。