HOME 技術情報 構造物の耐震診断・補強設計
構造物の耐震診断・補強設計

当社は1968年の十勝沖地震を契機として、他社に先がけ構造物の耐震診断および補強設計業務を1972年から事業化してまいりました。
今までに蓄積した技術ならびに経験を生かし、応急危険度判定、被災調査、耐震診断および補修補強設計について確固たる実績を築いております。なかでも日本標準時がおかれている明石市立天文科学館被災調査、耐震診断、復旧設計および監理につきましては、各方面から高い評価を得ております。

各種調査・試験例

  • コンクリートコア採取・圧縮強度試験・中性化試験
  • 配筋調査
  • 鉄骨調査
  • 建物の不同沈下、傾斜、床スラブのたわみ調査
非破壊による強度推定非破壊による強度推定

耐震診断

各種構造によって、基準書に沿った耐震診断の計画を進めます。

耐震補強設計

建築物の特徴、使用者の要望を考慮して多様な選択肢から補強工法を選択し、最善の補強計画を提案します。

鋼管ブレースによる補強鋼管ブレースによる補強

応急危険度・被災区分の判定

被災直後に人命の危険が及ばぬよう、建築物内への立ち入り可否を「危険」、「要注意」、「安全」の3つに分けて判定します。長期使用に対する構造物の補強の必要性を検討する資料として、被災度を「軽微」~「大破」、「倒壊」の5ランクに区分して判定します。

判定「大破」判定「大破」

技術カタログ

技術カタログ

お問い合わせ

技術的事項
構造調査設計事業部 TEL 03-5779-7670 / FAX 03-5779-7680
その他の事項
当社各支店および各営業所