HOME 技術情報 原位置凍結サンプリング
原位置凍結サンプリング
  • 目的

    • 砂、砂質土および礫質土地盤の高品質な乱さない試料の採取
  • 利用法

    • 砂、砂質土および礫質土の静的、動的強度(液状化)、動的変形特性の把握
    • 高精度な応答解析への活用

性能設計における地盤性状の把握では、砂質地盤の力学性状を正しく求めることが重要になりますが、サンプリング時の試料の乱れのため、高品質の乱さない試料を採取することは難しいことが多々あります。このため、ある程度の強度、剛性、液状化強度を持ちながら、採取時における乱れのためその挙動を過小評価することもあります。原位置凍結サンプリングは、砂地盤や礫質土地盤を対象とした高品質な乱さない試料の採取技術です。砂地盤や礫質土地盤の強度・変形特性を正しく評価するためには、室内試験用の高品質な乱さない試料が必要です。凍結サンプリングは、地盤の土粒子構造を保った状態で膨張させることなく徐々に地盤を凍結させ、その凍った地盤からコアボーリングにより凍結土を採取し室内試験に供します。サンプリングから室内試験の直前まで凍結した状態であり、乱れの影響の少ない試料を提供することができます。

原位置凍結サンプリングの適用条件

(地盤条件・サンプリング条件)

  1. 凍結に必要な飽和度の高い地盤
  2. 細粒分含有率が低い地盤
  3. 適度な拘束圧が得られる地盤
  4. 間隙水が逃げられる状態で凍結する。
  5. 凍結管から離れた部分よりコアを採取する。
採取した砂礫地盤採取した砂礫地盤

凍結サンプリングの適用効果例

道路・鉄道橋梁基礎、超高層ビル、原子力施設、 ダムなどの基礎設計における静的および動的 力学特性等を適切に評価
→ トータルコストの縮減を実現

凍結サンプリングの概要図
凍結サンプリングの概要図

技術カタログ

技術カタログ

お問い合わせ

技術的事項
東京支店技術調査部 TEL 03-3463-2350 / FAX 03-3463-2396
その他の事項
当社各支店および各営業所