HOME 技術情報 杭の急速載荷試験
杭の急速載荷試験
  • 目的

    • 静的な支持力特性を確認または把握する
  • 利用法

    • 静的な支持力特性の評価
    • 設計支持力の確認
    • 急速荷重に対する支持力特性の評価

これまで杭の鉛直支持力を求める方法としては、静的押込み試験が一般的に行われてきました。しかしながら、静的押込み試験は載荷装置に反力抵抗体が必要なため、大きな荷重を載荷する場合、工期・経費の増大を伴うものでありました。その対応として、載荷装置に反力抵抗体を必要としない動的載荷試験が、地盤工学会基準として2002年5月に制定されました。急速載荷試験は、動的載荷試験の1手法で、杭頭部に急速荷重を押込み力として加える試験方法です。

試験の特徴

  1. 反力杭、載荷梁が不要である。
  2. 試験装置の組立て、解体が比較的短時間で済み、試験時間が短い。
  3. 全ての杭種、工法に適用可能。
  4. 押込み試験と同様に載荷中の杭体が全圧縮状態となる。
  • 試験装置の状況
    試験装置の状況
  • 重錘質量20kN程度までの載荷装置
    重錘質量20kN程度までの載荷装置
  • 重錘質量500kNの載荷装置
    重錘質量500kNの載荷装置

主な実施例

技術カタログ

技術カタログ

お問い合わせ

技術的事項
つくば総合試験所特殊試験室 TEL 029-851-9501 / FAX 029-851-9559
その他の事項
当社各支店および各営業所